2016/01/02 下半期反省記事はまた後日


下宿先ではあまりテレビを見ない身としては年末~三ヶ日あたりが視聴のピークを迎えるわけで

全体的にソシャゲ関連のCMが増えたなと

もちろん中高生辺りのお年玉をターゲットにして流している可能性は十分にあり、たまたま私が見ていたタイミングのみ多くなっていた、もしくはただの勘違いも否定はできません

しかし、怪盗ロワイヤルや謎の釣りゲー辺りのCMくらいしか見かけなかった数年前と比べるとジャンルの多さや予算の方も進化しているように思えます

その辺の時代のソシャゲというと、上記のようなハンゲ辺りの進化版かアニメ等の版権を買い取り、制作費+αを回収して逃げ切るカード型ものが主流でしたがパズドラ辺りからオリジナルものが流行っている印象です

何が言いたいのかというとコンシューマゲーム(プレステとかの家庭用ゲーム)を追っているなと

プレステ2あたりまではとりあえず出してみる→受けたら続きを出し、外したら次の新規タイトルのような流れでしたがプレステ3~4にかけては既存タイトルを考えに考え、多額の掛け金を使って必ず一定ラインの売り上げを確保するといった固い手法が多用されています

ソシャゲというかスマホゲームが追随していくかといわれると微妙な所ですがそうはなって欲しくはないなと

この環境は「メジャーかと聞かれるとそんなことはないけど通な人なら知っている隠れた良ゲー」が生まれにくいかなって

ま、コナミ云々の件のように混迷期に入っていると思われるので今年どう動いていくかは不安も込で楽しみです。任天堂の新型ゲーム機やアイマスも出ますしね


という確固たるソースのない妄想記事でした